自然治癒力学校式ナチュラルダイエットセミナー

季節の変わり目だから体調を崩す?

8月も終わり、いよいよ夏も終わり、これから秋に向かうにあたり、 私の周りには最近体調を崩す方が増えてきました。

「夏の疲れかな?」 「季節の変わり目だからかな?」 「急に寒くなったから風邪をひいたのかな?」 64a160b2b13714701ec934966da592c4_s

季節には慣れるしかないし、待つしかないわね・・・。というそこのあなた!

「季節の変わり目というのは体調は崩しやすい」と当たり前のように思っていますが、この時期が私たちのココロやカラダにどのような影響を与えているか、とりわけ季節の変わり目の「気温差」というのが特に私たちの自律神経系に大きく影響しているということはご存知ですか?

自律神経は、大きく分けると交感神経と副交感神経の2種類に分けられます。 このうち交感神経は、仕事や勉強に集中している時の他、緊張や不安が強いときにも 活発に働きます。一方、副交感神経は、リラックスしているときや休息時に活発に働きます。 自律神経は、呼吸、消化、代謝など、私たちのカラダの様々な働きをコントロールするという、 とても大切な役割を担っています。 ところが気温差が激しいと、自律神経が気温の変化に 対応できないことがあります。 すると自律神経は、体のバランスを調整する機能がうまく 働かなくなり、免疫力の低下などを引き起こします。また自律神経の働きが乱れると、 体の不調だけでなく心の働きにも影響を及ぼすのです。


この自律神経系も含め、人間にはカラダやココロの働きを維持するために 一定に保つ働き「ホメオスタシス(恒常性)」があります。 気温などの外的環境や、生活パターンが変化していくこの時期に、私たちの体内を「一定に保つ」。 そのためにこの時期私たちのココロとカラダは「知らず知らず」の内に負担がかかっているという訳です。


ダイエット=やせる、体重を落とす ではない。



そういえば 先日自然治癒力学校理事長おのころ心平のブログに次のような記事が載っていました。 「え! diet に「やせる」という意味はなかったの?」 題名を読んだだけで私も思わず「え!」と思いました。 既にご存知の方もいるかもしれませんがもう一度確認してみましょう。



おのころブログキャプチャ「おのころ心平です。

ダイエット(diet)とは、もともとは、古代ギリシャ語の「diatia」=「自分の生活様式」 が語源で、 ラテン語のdiaeta、「食べ物」「食事」「日常の飲食物」というのが本来の意味でした。

日常の食べること…。 「やせる」なんていう意味はなくて、日常の生活のあり方、を指す言葉だったのです」

 

この時期、私たちのココロとカラダにかかる「知らず知らず」にかかる負担が あるからこそ、 「自分の生活様式」「日常」「食べ物」に私たちが意識を向けるには、うってつけの時期 なのかもしれませんね。 一方、世の中には「ダイエット」という言葉をくっつけるだけで売れてしまうというような状況の中 雨後のたけのこのように紹介される、様々な「食物そのもの」「食べ方」「栄養素の選び方」 「運動の種類」「生活習慣」など、 数限りないスタイル(方法論)が存在します。
「ダイエットしなければ!」とか「もうちょっと引き締めたいわ」とココロでは感じていても先ほどお伝えしたように何もしなくても変化が激しいこの時期です。 新たな方法論を取り入れるだけでもココロとカラダには 負担となる場合もあります。

そこで大切なのは、 「あなたのココロとカラダにあった方法、 あなたの日常生活にスムーズに取り入れられる方法」を確認しておく事です。

 

 


その気になる内容は?


自然治癒力学校式のナチュラル・ダイエットセミナーは三部形式(一部会場は二部形式)です。

 

おのころブログキャプチャ②

ダイエットのスタイルでも、食事編なのか、運動エクササイズ編なのか、GOODSを用いたものなのか、呼吸や代謝に重きを置いたものなのか、あるいは、ココロの問題など、様々なスタイルが存在し、自分には何があっているのか選択する視点を学ぶのが 【概論編】です。



実際にあなたのココロを俯瞰(ふかん)して、あなたが本当に望んでいる「こうでありたいカラダ、こうでありたいココロ、こうでありたい日常生活」が、今大人気のibマッピングのワークで初めての方でも簡単にわかる 【ココロ編】。



学んだその日から日常生活をダイエットモードに切り替える事ができるように、日常生活に密着し、かつカラダのしくみを上手に利用した簡単エクササイズをお伝えする 【実践編】の3つで構成されます。



「ただ痩せればいいってもんじゃない」 「ただ体重を落とせばいいってわけではない」 ことも含めて、総合的な学びと気づきを得ていただけるように設計されたセミナーとなっています。

そして、会場には登場こそしないものの、 過食、拒食といったさまざまな心理的なカウンセリングも数多く経験させていただいているおのころ心平が全てのプログラムに開発段階から目を通し、おのころ心平自身のメソッドも一部取り入れて作り上げられたセミナーです。

まさにおのころ心平完全監修!の内容です!

どうかこの時期だからこそ知っておきたいあなた流のボディメイキングの方法、

つまり、パーソナルなカラダづくりの方法をぜひこのセミナーで見極め、その日から実践してみてください!
最近急に痩せづらくなった。
体重は減らしたくないが、部分的にサイズダウンしたい。
姿勢よくすらっとみえるようになりたい。
上半身に比べて下半身だけ太ってしまうなど カラダのバランスが気になっている。
お肉のある部分はリフトアップしてより女性的なカラダにしたい。
気づくと痩せてきてしまうので、筋肉をつけたい。
自分や家族にどんなダイエット方法があるか知りたい。
ダイエットを何度もしているがなかなか成功した経験がない。


このような事を考えた事がある方には特におススメしております。


美しさとは自分で作るもの



日々めまぐるしい変化を続ける現代社会の中でも特に流行の変化が著しいファッション業界。

そんな業界で今年83歳になる一人の現役トップモデルの女性がいます。

その女性の名前は カルメン・デロリフィチェ。

「フェイスリフトやボトックスが泣いて逃げていく」と称えられるほどの若さと称されながら、60年以上もファッションモデル業界で活躍してきた、世界最高齢のトップモデルと言われています。

現在でもロレックスなど一流ブランドのモデルを務め、ニューヨークコレクションなどにも最近まで登場しています。

私たちの世界とは遠いセレブのように一見見える女性ですが、その美容法はとことんシンプルだそうです。

エステもフィットネスもいかず、毎日のビタミン補給と適度な運動、睡眠。そして馬用のクリーム。

(愛用しているクリーム、amazonで1631円で購入できます)

そしてなにより彼女を今なお現役のトップモデルたらしめているのはその心のあり方だと感じます。

「コンプレックスこそ、チャンス」

「美しさとは自分で作るもの。」

「私はまだ描きかけのキャンパス、生きている間は未完成のままよ」

20~30代の女性が大半の業界で、60年以上輝き続けていられる「美しさの理由」がこの言葉の中にある気がしてなりません。

キャンパスを持っているのは彼女だけではありません。今のあなたのココロとカラダというのは、年齢を重ねたからこそ彩られてきたあなただけのキャンパスだとはいえないでしょうか。

そこに毎日少しずつ筆をいれるように、あなた流の美しさを形作る事ができるのはあなただけなのです。

ナチュラルダイエットセミナー①

Copyright© 2017 自然治癒力学校式ナチュラルダイエットセミナー. All rights reserved.